生活費が足りなくて毎日つらい

生活費がない

 

毎月、毎日の生活がどんどん苦しくなっていく。

 

今月の家賃も税金も、光熱費だって払わなければいけないのに、収入源が全然足りてない!ついでに貯金もほとんどない。
親や友人から借りるわけにもいかないし、キャッシングはなんだか怖い。

 

いったいどうすればいいんだろう…。
こんなこと、いまの日本ではどのご家庭でも起こり得る事態ですよね。

 

慢性的に生活費が足りない、お金がない、という方の大半は、不景気に伴う夫の収入不足、リストラ、会社の破産などに頭を抱える主婦層だと言われています。
子どもがいればなおのこと、養育費、学費、交際費に入学金と、家計を圧迫する出費が尽きません。

 

しかし、身体的な事情で働きに出られなかったり、働いているけど充分な収入にならなかったり…。
もちろん、そんな中でも冠婚葬祭や引っ越しなどでまとまったお金が必要になることもあります。
「そもそも生活費に困っているのにまとまったお金なんて」と泣きたくなっちゃいますよね。

 

そんなとき、オススメしたいのはカードローンです。
「えっ?」と思われる方も多いと思いますが、生活費をカードローンで工面している方は少なくありません。

 

一口にカードローンといっても、その種類や特徴は様々です。
このページでは、カードローンについて詳しく解説しています。

 

 

 

 

金利が魅力!当サイトおすすめ順銀行カードローンランキング

銀行カードローン

ここでは、そもそも銀行のカードローンとはどんなものなのか、さらにそれぞれの銀行のカードローンや、大きな特徴についてまとめていきます。

 

 

1位 三菱東京UFJ銀行カードローン

 

 

24時間ネット申込でスピーディーに審査回答を受けられます。
さらに全国の提携コンビニATMが、借入、返済時問わず、何度でも手数料無料で利用可能です。

 

また、毎回の最小返済額が1000円から設定できます。
すぐにお金が必要だけど、収入が少なくて少しずつしか返せないし、何度も使うATMの利用手数料がもったいない…と感じる方にはうってつけの銀行カードローンとなっています。

 

バンクイックで借りる方法を詳しく見る

 

2位 新生銀行カードローン レイク

 

 

お申込みはスマホで完結!
面倒な書類提出はアプリやメールでOK。
申込完了後に、画面で結果がわかります。

 

全国のコンビニなどに設置の提携ATMで借入れ・返済が手数料無料で、利用可能!
わざわざ、レイクのATMを探す必要はありません。地方にお住まいの人も利用しやすい!

 

 

新生銀行カードローン レイクで借りる方法を詳しく見る

3位 三井住友銀行カードローン:口座を持っていれば超早!

 

三井住友銀行カードローン

 

 

三井住友銀行の口座を持っていなくても、ネット申込から最短30分で審査が完了します。
すでに口座を持っている場合は、契約から融資までWEB上ですべて行うことができます。

 

また限度額が300万円以内の場合は収入証明書が不要となっていることも大きな特徴です。
即日融資も可能なので、光熱費などの基本生活費が足りない、などの場合にオススメのカードローンです。

 

 

三井住友銀行で借りる方法を詳しく見る

 

銀行カードローンの大きな特徴

 

  • クレジット会社や消費者金融などからは「総量規制」により年収の1/3の額までしか借入ができません。しかし銀行は総量規制の対象外なので、より高い限度額での借入が可能です。
  • 消費者金融のカードローンに比べ、低金利の場合が多くなっています。
  • それぞれの銀行によって独自のサポートサービスが充実しています。
  • ネットからの申し込みで、即時審査、即日利用と銘打ってある場合が多いですが、審査が厳しめで時間がかかるケースもあります。

 

△目次へ戻る△

 

スピード審査!当サイト人気順消費者金融カードローンランキング

>消費者金融のカードローン

銀行カードローンランキングを紹介しましたので、続いては消費者金融カードローンの特徴や、銀行カードローンとの違いをまとめていきます。

 

 

1位 プロミス:顧客対応に自信アリ!

 

 

Webからの申し込みなら来店不要、最短1時間で融資が可能で、さらに初回利用の場合は30日間利息が0円(※)になります。
時間がないときに即金が必要な場合に便利です。

 

また近くの銀行やコンビニで借入、返済が可能となっています。
給料日直前にお金を借りて生活費を支払い、その後一気に返済する、などといった利用方法ができるのがポイントです。
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

 

プロミスで借りる方法を詳しく見る

 

 

2位 アコム:とにかく早い審査スピード

 

 

 

ネットで24時間受付、審査はなんと最短30分で回答が可能です。
初回利用の場合は、契約日の翌日から30日間利息が無料であることも大きな特徴です。

 

また、ATMはもちろん、ネットからの借入、返済も可能となっています。
さらにパートやアルバイトでも申込が可能となっていますので、収入の少ない方であっても、急な出費や生活費の不足を補うことができます。

 

アコムで借りる方法を詳しく見る

 

3位 モビット:WEB完結申込で郵便物なし!

 

 

ネットからならなんと10秒で簡易審査結果が表示されます。
また、三井住友銀行・三菱東京UFJ銀行に口座を持っていれば、WEB完結申込で電話・郵送手続きなしで融資が可能です。

 

パソコン・スマホ・携帯・電話から預金口座振込でキャッシングが行えるため、引き落とし残高不足の心配がありません。
また会員登録サービスから領収書や明細書をダウンロードして管理ができるため、家計簿と合わせて生活費の管理にも役立ちます。

 

モビットで借りる方法を詳しく見る

 

消費者金融カードローンの特徴

 

  • 消費者金融・信販会社・クレジット会社は「総量規制」により、お金を借りる際には年収の1/3が限度額となっています。また、収入のない専業主婦などは、配偶者の収入証明や同意書が必要です。
  • 銀行のカードローンに比べ、金利がやや高めに設定されている場合が多いです。ただ、無利息期間が設定されている場合もあるため、一概に高いとは言いがたいです。
  • 審査スピードが速く、即日融資が可能です。また、銀行より審査が優しい場合が多いため、審査に落ちられない・今すぐにお金が必要な場合に便利です。

 

△目次へ戻る△

 

初めて借りる方へカードローンQ&A

カードローンQ&A

ここでは生活費をカードローンで借りる上で、よくある質問をまとめています。

 

  • Q.生活費目的で借りてもいいの?
  • Q.銀行は貸してくれるの?
  • Q.審査時間はどれくらい?
  • Q.私でも借りられるか不安…

 

Q.生活費目的で借りてもいいの?

 

A. 基本的にカードローンでは借りたお金の使用用途を問われませんので、お金を借りられてしまえば生活費として使ってしまっても問題ありません。

 

しかし、借入時にはどうして生活費が足りなくなったのか理由を明らかにして、「今回は急な出費があったからお金を借りる」ということを念頭に置くようにしましょう。

 

決して、カードローンからの借入だけで生活費を賄ったり、借入が恒常的になるような生活をしないように心がけましょう。

 

生活費は毎月足りなくなってくるものですので、いずれは自転車操業になることが目に見えています。
借りたお金はいずれ返済しなければならない、ということを頭に入れておくことが何より重要なことです。

 

 

Q.銀行は貸してくれるの?

 

A. 突然「生活費が足りないからお金を借りたい」と銀行の窓口で言っても、おそらくは返済能力のなさを疑われ、その場でお金を貸してくれることはまずありません。

 

カードローンで借入もする際も同様で、「生活費に困っている」ということをあまりアピールせず、あくまで他に大きな出費があるから借りたい、ということを主張したほうがよいでしょう。

 

借りることができれば、あとの使用用途は自由です。
それまでの返済能力と収入が安定していれば、審査もスムーズに通ることができます。

 

 

Q.審査時間はどれくらい?

 

A. 銀行カードローンであれば最短30分〜即日と書かれていることが多いですが、消費者金融よりも慎重に行われるため厳しめです。

 

より審査に時間を要する場合には3日〜4日程度かかるケースもあります。

 

一方で消費者金融カードローンの場合は最短30分〜即日などの即時融資が可能となっており、中にはネット上の簡易審査が3秒で済んでしまう、と銘打っているところもあります。
業者によっては電話連絡・郵送手続きが不要のWEB完結申込を行っていますので、借入がよりスムーズです。

 

 

Q.私でも借りられるか不安…

 

A. まずは各社の公式サイトで簡易診断をしてみましょう。

 

消費者金融カードローンのサイトではほぼすべてで簡単に診断が可能となっており、スピーディーにお金が借りられるかどうか調べることができます。
また、女性の方限定のレディースコールサービスを提供している業者もありますので、どうしても気になる方は電話で相談することも可能です。

 

 

しかし、消費者金融カードローンでは総量規制のため、収入のない専業主婦などの場合は借入が困難です。
専業主婦の方がどうしても消費者金融から借りたいという場合には、婚姻証明書や配偶者の同意書などの書類提出が必要となり、手続きが難しくなっています。

 

銀行カードローンであれば総量規制の対象外となっており、専業主婦の方が唯一できるキャッシングとなります。

 

いずれの銀行の審査も迅速を売りにしているため、最短即日で融資を受けることも可能でしょう。
銀行カードローンであれば、配偶者の同意書などが必要なく、ATMからの引き出し・返済の際の手数料も無料です。

 

 

「総量規制の対象外」ってどういうこと?

 

「総量規制」とは簡単に言うと、個人がお金を借り過ぎて生活破綻してしまわないように作られた法律です。
内容としては、「賃金業者は、年収の3分の1を超える金額を個人に貸し付けることはできない」といったものです。

 

この「賃金業者」には、

  • 消費者金融
  • 事業者金融
  • クレジットカード会社
  • リース会社
  • クラウドファンディングサービス
  • NPOバンク

などが含まれます。
お金を借りようとしている会社が賃金業者かどうかは、インターネット上で簡単に調べることができます。

 

つまり「総量規制」は貸金業者にのみ適用されるため、銀行のカードローンには当てはまりません。
よって、「総量規制の対象外」となるわけです。

 

△目次へ戻る△

 

本当に生活費目的で借りてる人がいるの?

 

生活費に悩んでいる女性

 

生活費目的でお金を借りてもいい、ということはわかっても、いざ借り入れるとなればやっぱり抵抗があることですし、自転車操業にならないかどうか不安になってしまいますよね。

 

日本貸金業協会の平成28年10月における「資金需要社等の借入れに対する意識や行動に関する調査結果報告」によると、借入経験のある個人では40代の方が26.8%と一番多くなっています。
また借入経験のある個人全体のうち36.3%が女性となっていて、これは決して少ない数字ではありません。

 

また同調査において、借入申し込みのときに資金用途の理由として挙げられたものは以下のようになっています。

 

お金を借りる理由のグラフ

 

その他にはリフォーム代や教科書などの教育関係費、光熱費などが挙げられました。
グラフからもわかるように、主な生活費である食費・家賃の項目をあわせれば30.1%となり、趣味/娯楽費よりも多くの人が「生活費」としてお金を借り入れていることがわかります。

 

また希望通りの借入ができなくなったことにより、「日常の生活に支障が出た」という人が73.6%もいることから、実際にはさらに多くの方が生活費目的でお金を借り入れているのではないかと推測することができます。

 

お金が借りられないときはどうしている?

それでは、このようにお金を借り入れている人たちが借入ができなくなったとき、どのような行動をしているのでしょうか。
上記の同調査から細かく見ていきましょう。

 

支出を抑えた

 

お金を借りられなくなったとき、全体の半数以上である54.6%にあたる人が「支出を抑えた」と回答しました。
なかでも「生活費を削った」と答えたのは8割以上で、やはり多くの方が生活費を工面するためにお金を借りているということがよくわかる結果となっています。

 

また、「趣味/娯楽を削った」のは約6割近く、「ギャンブルを削った」「医療費・教育を削った」はそれぞれ約2割に満たない結果になっていました。
生活費には固定費も多く、また食費や光熱費の支出を抑えるには日頃からの注意が不可欠です。

 

相談窓口や家族・知人に相談した

 

全体の約3割程度である27.0%の方が、「相談窓口や家族・知人等に相談した」と回答しています。
「家族や親族」「友人知人」にやはり相談する方が多く、続いて「弁護士・法テラス」と続きます。

 

ここで注目したいのが、「市区町村などの行政が設置している相談窓口」への相談は13.6%にしか満たないということです。
生活が困窮し、借入もできなくなったとき、頼れる親族も友人もいない方にとって、行政の相談窓口は大きな生活再建への糸口であるべきなのですが、実際にはあまり活用されていないのが現状なのでしょうか。

 

貸金業者以外から借りた

 

上記にあわせて、「貸金業者以外から借りた」と回答したのは20.2%の方です。
「家族や親族から借りた」「銀行などから借りた」「友人・知人から借りた」はそれぞれやはり多いのですが、「国や自治体の貸付制度を利用した」のは、なんと12.1%の方のみとなっていました。
これは「質屋で借りた」と回答した人と同率の数字です。
いくら相談窓口や制度が設けられていたとしても、やはり相談までのハードルの高さや申請書類の多さ、融資までの時間などがネックになっていると考えられます。

 

その他

 

「その他の行動をとった」12.3%の方は、以下のような手段を講じています。

  • 新しく仕事を始めた・増やした
  • 納税・納付支払いを延長した
  • 自己破産・債務整理の手続きをした
  • 返済期間の延長を申請した
  • 公共料金の支払いを延長した
  • 持っている財産を売却した

 

このように、借入ができなくなったとしても様々な対策が考えられます。
ただ、国のセーフティネットである貸付制度を利用している方は少なく、困窮する生活のなかでなんとか支出を抑えたり、貸金業者以外から借りるなどして日々の生活を成り立たせているというのが現状です。

 

参考:http://www.j-fsa.or.jp/material/report/index.php

 

△目次へ戻る△

 

カードローン以外に生活費を借りる方法

担保にしてお金を借りす

ここではカードローン以外にお金を借りる方法についてまとめています。
それぞれの申し込み方法やメリット・デメリットも合わせて見ていきましょう。

 

 

  1. 年金を担保に借りる
  2. 生命保険を担保に借りる
  3. 不動産を担保に借りる
  4. まとめ:担保がなければ利用できません…

 

年金を担保に借りる

 

年金担保貸付事業から、年金証書などを担保として融資を受けることができます。
年金証書を持っており、年金の支払いを受けている方が対象となります。

 

 

申し込み方法

「独立行政福祉医療機構」か「株式会社日本政策金融金庫」に年金証書など必要書類を提出し、手続きを行うことでお金を借りることができます。

 

 

年金担保貸付のメリット

 

  • 手続きや審査がそれほど難しくありません。
  • 消費者金融・銀行のカードローンに比べて圧倒的に金利が低いです。
  • 融資金の使い道もほとんど制限がありません。
  • 「独立行政法人福祉医療機構」と「株式会社日本政策金融金庫」だけが公的年金を担保として預かることを許されています。手数料や斡旋料は必要ないため、それらを求めてくる代理店などは必然的に違法業者となるため注意が必要です。

 

 

年金担保貸付のデメリット

 

  • あくまで借り入れの名義は「年金の受給者本人」となります。
  • 年金を受給していないと借りることができません。
  • 連帯保証人が必要です。
  • 返済は年金によって行われ、返済が終わるまで年金を受け取ることができません。

 

 

生命保険を担保に借りる

生命保険を担保に借りる

生命保険を担保にお金を借りる制度を「契約者貸付制度」と言います。
終身保険・養老保険・学資保険などの解約金に対して一定の割合の中でお金を借りることができる制度です。

 

解約返戻金を担保としてお金を借りるので、解約金が発生しないタイプの保険にはこの制度は適用されません。

 

 

契約者貸付制度の申し込み方法

 

現在契約中の生命保険会社と契約者貸付制度の手続きを行います。
審査などは不要です。

 

 

契約者貸付制度のメリット

 

  • 他のローン会社に個人信用情報を渡して新たにお金を借りるより、すでに契約している保険会社からお金を借りるので審査や手続きの手間がなく、便利に利用できます。
  • 貸付利息がカードローンよりもかなり低く設定されていることが多いです。
  • その他の担保や、連帯保証人が必要ありません。
  • 保険の満期までであれば、いつ返済してもOKです。

 

 

契約者貸付制度のデメリット

 

  • 契約者本人しか利用できません。
  • 借入金と利息の合計が解約返戻金の額を超えた場合、通知された金額を振り込む必要があります。振り込めなかった場合は保険そのものが失効となります。
  • 貸付利率は保険会社や契約期間によって違います。
  • 貸付利率は複利で計算されるため、利息で返済されていない分は1年ごとに元本に組み入れられていきます。よって、返済しきれていない場合はどんどん利息が増えていきます。
  • 返済前に契約者が亡くなった、もしくは満期を迎えた場合、支払われる金額から借入額と金利が引かれます。

 

 

不動産を担保に借りる

 

不動産のなかでも特に「家」を担保にしてお金を借りることができます。
銀行や信用金庫、ネット銀行などでも取り扱われており、ネット上から審査の申し込みをすることも可能です。

 

 

不動産担保ローンの申し込み方法

ネット銀行や通常の銀行から申し込み、必要書類の提出、審査を経て契約を行います。
ネット銀行の場合最短で1週間程度、通常の銀行の場合は1か月程度で融資が可能です。

 

 

不動産担保ローンのメリット

 

  • 低金利で大きな金額が借りられます。
  • 返済期間も非常に長い期間(最長30年)でゆっくり返済することができます。
  • 不動産担保ローンの融資金の使い道は定められていませんので、自由に利用することができます。
  • 融資限度額が家の評価額の6~7割なので、まとまったお金が借入できます。

 

 

不動産担保ローンのデメリット

 

  • 返済不能になった場合家を失うことになります。また、支払いの遅延があった場合、家が競売にかけられる可能性もあります。
  • 審査に時間がかかるため、消費者金融のような即日融資はほとんど不可能で、すぐにまとまったお金が必要な場合はオススメできません。

 

 

まとめ:担保がなければ利用できません…

 

カードローン以外にもお金を借りる方法はたくさんありますが、いずれも「担保」がなければお金を融通してもらえることはありません。

 

本当に生活に困っている人は年金を払うお金がまずありませんし、家を担保などにしたら住む場所すら失ってしまいかねません。

 

生活費に困っているから担保でお金を借りる、というのは、現実的にも厳しいでしょう。

 

△目次へ戻る△

 

生活費の融資を受けられる福祉制度について

お金を借りれる制度

生活費の貸し出してくれる福祉制度が存在します。
この制度はそれぞれの世帯の状況に合わせ、知識や技術の習得・就学・介護サービスなどを受ける費用の貸付を行うものです。

 

 

  • 生活福祉資金について
  • 福祉資金貸付とは
  • 教育支援資金貸付とは
  • 総合支援資金貸付とは
  • 不動産担保型生活支援資金貸付とは
  • 生活福祉資金のメリット
  • 生活福祉資金のデメリット

 

 

生活福祉資金について

 

「生活福祉資金貸付制度」は、

  1. 低所得世帯(家賃が払えない、税金が払えないなど)
  2. 高齢者世帯(65歳以上の介護を要する高齢者)
  3. 障害者世帯(身体障害者手帳などの交付を受けた方の属する世帯)の経済的な援助、在宅福祉や、社会復帰を目的とした貸付制度です。

 

 

生活福祉資金貸付は大きく分けて4つに分類され、それぞれの世帯の状況によって利用できる制度が異なります。

 

 

福祉資金貸付とは

 

福祉資金貸付は、一時的に必要な生活費や大きな資金を借り入れることができます。
「どうしてもまとまったお金が必要だけど、現在の収入では無理…」といった利用目的や理由がハッキリしていなければ、福祉資金貸付を利用することはできません。

 

また、利用目的が明確で、やむを得ない事情があったとしても、自治体によって判断基準が異なり、貸付対象にならない場合もあります。

 

教育支援資金貸付とは

 

教育支援資金貸付は、その名の通り教育費が必要な場合に利用できる制度です。
主に入学金や授業料などの費用を借り入れることができます。
日本学生支援機構などの奨学金制度に当てはまらなかった場合などに利用できる可能性があります。

 

 

総合支援資金貸付とは

 

総合支援資金貸付は、収入がないため生活が困窮し、家賃さえ払えない状態の世帯にお金を貸し出す制度です。
ただし、すでに就職が内定している場合などは利用できません。
また、生活困窮者自立支援制度における、自律相談支援事業の利用を貸付の条件としています。

 

 

不動産担保型生活支援資金貸付とは

 

不動産担保型生活支援資金貸付は、低所得や要保護の高齢者に対し、一定の居住用不動産を担保として生活資金を貸し付ける制度です。

 

こちらは上の3つとは異なり、高齢者向けの貸付制度となっています。
また、低所得の高齢者世帯の場合は連帯保証人が必要となります。

 

 

生活福祉資金のメリット

 

  • 最大の特徴として、連帯保証人を立てる場合、無利子でお金を借りることができます。また、連帯保証人を立てない場合でも、年1.5%前後の貸付利子となっており非常に低金利です。
  • 借金を抱えている場合や生活保護を受けている場合でも、福祉資金貸付を受けることができるケースがあります。

 

 

生活福祉資金のデメリット

 

貸付を受けられる世帯の条件、制約がとても厳しくなっています。

 

  • 一定の平均月収に至らない「低所得世帯」であるということを認めてもらう必要があります。
  • 生活保護や奨学金制度などが利用できる場合はそちらが優先されます。
  • 現在の住民票と住んでいる都道府県が合致しなければ申し込むことができません。
  • 他にも返済の見込みがない場合や、すでに福祉資金貸付の連帯保証人になっている場合には制度を利用することができません。
  • 総合支援資金を利用する場合、上記に加えて「65歳未満である」「生活保護を受けていない」「公的年金を受給していない」などの条件が追加されます。
  • 借入までには最低1ヶ月ほど時間がかかるため、すぐにお金を借りられる、というわけではありません。
  • あくまでも「世帯の生活総合支援制度」となるので、民生委員やケースワーカーなどの生活改善指導が入ります。単純にお金が借入できる、という制度ではありません。
  • 借金の借り換えのために制度を利用することはできません。また、多額の借金がある場合は債務整理を行うよう勧められます。ただし、この債務整理中は福祉貸付に申し込めないケースがあります。

 

 

まとめ:すぐにお金だけ必要!という場合には向かないし、条件が厳しい

生活福祉資金制度はあくまでも「生活困窮者の総合支援、改善」を目的とした制度のため、
すぐにまとまったお金が借り入れられる、というわけではありません。
また審査の基準がかなり厳しく、明確な目的・やむを得ない事情がある場合であっても、自治体によっては利用できなかったり、他の制度が利用できる場合にはまずそちらを優先するよう勧められます。

 

※詳しくは全国社会福祉協議会のホームページに記載されています。
http://www.shakyo.or.jp/seido/seikatu.html

 

△目次へ戻る△

 

生活に困ったときにできるその他の対応

 

とにかくどうしてもお金がない、でもこれ以上の収入も見込めないし、キャッシングや制度に頼るのは…という方に、実は意外に盲点になっていそうな改善方法をまとめてみました。

 

 

不用品・ブランドものの売却

持ち物の売却

まずは使わなくなったものやいらなくなったものを整理しましょう。

 

着られなくなった衣服はもちろん、ブランドもののバッグや財布、ビジネス書などの本類、フィギュアやおもちゃなどのホビー用品や家電なども、売却すればお金にすることができます。
「量も多いし、何より重たいし面倒くさい…」という場合は、ネット上の買い取り業者を利用しましょう。
中には無料で送付されたダンボールに詰めて返送するだけで、査定から買い取りまでを完了できる業者もあります。
査定額は業者によってマチマチなので、口コミはもちろん、複数の業者に査定依頼をすることもポイントです。
もっとも、これは長期的な解決策とは言えません。

 

 

債務整理

多額の借金がある人は債務整理を行いましょう。
債務整理とは、法律に基づいて借金を減額できる制度です。
なかでも法テラスなどの公的施設を利用し、収入などの条件を満たせば、専門家に無料で相談できるケースもあります。
債務整理は一般的に弁護士や司法書士などに依頼して手続きを行いますので当然費用がかかります。
まずは自分が条件に当てはまっているかどうか確認することが重要です。

 

 

生活保護の申請

生活保護は申請をしてはじめて受給できる制度です。
申請先は各自治体の福祉課(名前は自治体によって異なります)ですが、厚生労働省のホームページでも福祉事務所の一覧を調べることができます。
最近では不正受給多発防止のため、生活保護の申請書を書くまでにたどり着けないなどといったケースもあります。
生活保護の申請をする場合には「客観的に生活保護が必要であると認められる書類群」と「生活保護が必要だという強い意志」が必要です。

 

 

副業

現在ではサラリーマンでも、スキルなしでも簡単にできる副業が多くあります。
ネット上でコツコツとポイントを貯めていくタイプの副業や、在宅でできる副業も多数紹介されています。
毎日働いているけど、それでも収入が足りない…という場合には、一考したい手段のひとつです。

 

△目次へ戻る△

 

まとめ:収入がある人はカードローンからお金を借りる!

 

ここまで様々なお金を借りる方法や担保、福祉制度などについてご紹介してきましたが、やはり安定した収入が見込めるときは、すぐにお金が借りられて使用用途も自由なカードローンが簡単で便利と言えるでしょう。

 

生活費をカードローンで賄う、ということは決して長く続けてはいけませんが、突然大きなお金が必要になり、そのせいで食費も生活費も光熱費も足りなくなってしまって、日常生活が困難になる、ということはいつ誰にでも起こり得ることです。

 

不用品の売却や副業もひとつの打開策ではありますが、使えるお金としてお財布に入ってくるまでにはどうしても時間を要しますし、長期の解決策とは言えません。

 

「明日の支払いに間に合わない!」というときは、このページで紹介した人気のカードローンを含め、現在の世帯状況や自分の属性、使いやすさに合わせたものを利用するようにしましょう。

 

当サイトで最も借りられてるカードローンはこちらです

 

また、やむを得ない事情がある場合や長期に渡って収入が見込めない場合、さらに失業している方は、各自治体の福祉制度を活用しましょう。

 

生活福祉資金は条件さえ厳しくなっていますが、低利息でお金を借り入れられるという大きなメリットがあります。
しかし申請から借入までには時間がかかるため、その間に就職先を探すなどして、生活改善の第一歩とすることが必要です。

 

△目次へ戻る△